セ・パCS最終争いの「重大事件」(2)佐藤輝明の「サードコンバート計画」が始動 (1/2ページ)

Asagei Biz

セ・パCS最終争いの「重大事件」(2)佐藤輝明の「サードコンバート計画」が始動
セ・パCS最終争いの「重大事件」(2)佐藤輝明の「サードコンバート計画」が始動

A 3、4月に20勝9敗でロケットスタートを切った阪神の勢いに、陰りが見えてきた。一番の要因はルーキー・佐藤輝明(22)のブレーキじゃないか。

E(在阪メディア関係者) 矢野燿大監督(52)も扱いに難儀しとるらしい。なんせ40打席以上連続ノーヒットやで。なんぼデカいのを打てても、扇風機じゃあきまへん。

D 新人王争いでも、名実ともに広島の栗林良吏(25)とDeNAの牧秀悟(23)の後塵を拝する形になっている。

A それでも「サードコンバート計画」が始動しているんだろう。

E ご名答。大山悠輔(26)の打撃は好不調の波が大きい。シーズン最終盤で大スランプに陥った時のウルトラCっちゅうわけや。本職はサードやから、ファーム降格中の〝テスト起用〟も無難にこなしとったし。

B 清水雅治2軍野手総合コーチ(57)が太鼓判を押すレベルみたいですね。どうやら、守備からいいリズムを作って打撃不振を改善させる思惑もあるとか。

A もはや、前半戦の打線を佐藤と共に牽引したサンズ(33)とマルテ(30)もガス欠気味。23日に1軍復帰した佐藤に、チームの命運はかかっているようだ。

C そんな阪神と因縁渦巻くのがヤクルト。サイン盗み騒動やデッドボールの応酬合戦など、今季は一触即発シーンが目立った。

「セ・パCS最終争いの「重大事件」(2)佐藤輝明の「サードコンバート計画」が始動」のページです。デイリーニュースオンラインは、栗林良吏高橋奎二牧秀悟佐藤輝明高津臣吾スポーツなどの最新ニュースを毎日配信しています。
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧