「電撃退所」滝沢秀明氏「年収3億円」を捨てて取った「プライドとジャニーイズム」! (1/3ページ)

日刊大衆

滝沢秀明氏
滝沢秀明氏

 滝沢秀明氏(40)の“電撃退所”から2週間が経とうとしている――。

 27年にわたってアイドルとして、そして経営陣としてジャニーズ事務所を支えてきた滝沢氏が10月31日付で副社長を退任し、同社を退所。グループ会社「ジャニーズアイランド」の社長も9月26日付で退任し、後任を元V6井ノ原快彦(46)が務めている。

 退所の理由は明らかになっていないものの、円満退所で藤島ジュリー景子社長やジャニーズ事務所サイドとの確執はなかったと、11月1日付の日刊スポーツが伝えた。一方で事務所と滝沢氏の双方が代理人を立てて、条件面などを話し合っているとも報じられている。

 ジャニーズ事務所は「事実と全く異なる虚偽の内容を多々含む記事であり、法的措置を検討しております」と発表しているが、11月10日発売の『週刊文春』(文藝春秋)では、滝沢氏とジュリー氏の“確執”が報じられた。

 滝沢氏にはジャニー喜多川氏(享年87)の後継者という自負があり、ジュリー氏にビジネス展開を提案していたものの、ことごとくはねのけられていたとされる。

 滝沢氏は「ジュリーさんとは合わない」と漏らし、喧々諤々のあとに「政治だよ、政治」と吐き捨てたこともあったと記事では伝えている。

■タッキーの役員手当は3億円とも

 芸能プロ関係者は話す。

「「電撃退所」滝沢秀明氏「年収3億円」を捨てて取った「プライドとジャニーイズム」!」のページです。デイリーニュースオンラインは、なにわ男子SnowMan滝沢秀明Kis-My-Ft2井ノ原快彦エンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧