最愛の犬に先立たれ失意の猫、新たに迎えたゴールデンレトリバーの子犬と打ち解け元気を取り戻す (1/4ページ)

カラパイア

最愛の犬に先立たれ失意の猫、新たに迎えたゴールデンレトリバーの子犬と打ち解け元気を取り戻す
最愛の犬に先立たれ失意の猫、新たに迎えたゴールデンレトリバーの子犬と打ち解け元気を取り戻す

[画像を見る]

 アメリカのコロラド州で暮らすデイシュン・フェリングさんの愛猫フレッドは、子猫の頃からアーサーという名前のゴールデンレトリバーと一緒に育った。

 フレッドにとって育ての親であり親友でもあったアーサーだが、昨年の夏、虹の橋のたもとへと旅立って行ってしまった。

 残されたフレッドと飼い主一家は、アーサーがいなくなった現実を受け入れられなかった。フレットは極端に元気がなくなり、絶望の日々を送っていた。

 そこで家族は、新たにゴールデンレトリバーの子犬、サニーを迎え入れることにした。

 かつてアーサーがフレッドを受け入れたように、フレッドはサニーをすぐに受け入れ、元気を取り戻したそうだよ。

・育ての親だったゴールデンの突然の死
 デイシュンさんの愛猫フレッドは2019年生まれ。今年の夏に5歳になる。彼が生後3か月でデイシュンさんの家にやって来たとき、そこにはアーサーという名前の7歳のゴールデンがいた。

 フレッドとアーサーは出会って数日のうちに親友になり、何をするにもどこへ行くにも一緒に過ごした。アーサーが子猫のフレッドを育てたようなものだった。[画像を見る]  だがアーサーは2023年8月14日、10歳でこの世を去った。その2日前まで元気に走り回っていたのに、腹部に広がった腫瘍が突然出血し、手の施しようがなかったのだ。
アーサーは私たちの人生のすべてでした。過去10年にわたって、彼は常に私たちの生活の一部だったんです。
 その2日後、アーサーの首輪といっしょに散歩に出かける飼い主さん一家とフレッド。だが彼らはアーサーを突然失ってしまったことが受け入れられなかった。
「最愛の犬に先立たれ失意の猫、新たに迎えたゴールデンレトリバーの子犬と打ち解け元気を取り戻す」のページです。デイリーニュースオンラインは、カルチャーなどの最新ニュースを毎日配信しています。
ページの先頭へ戻る