【公開対談】DMMの成功はブルーオーシャンより美味しいピンクオーシャンのおかげ

デイリーニュースオンライン

スペシャル対談最終回
スペシャル対談最終回

【DMM会長×やまもといちろう公開対談vol.6】

 10月27日、これまで多くを語らず、謎のベールに包まれていた男・DMMグループ会長の亀山敬司氏と個人投資家でIT業界にも精通している作家のやまもといちろう氏の対談が行われた。その模様を計6回にわけて配信していく。

いつも行方不明になろうと思って旅に出かけます

やまもといちろう(以下、や) 会社を長年率いてこられた亀山敬司としての人生ってどういう着地点を目指してるんですか? 

亀山敬司(以下、亀) 急に重い話になりましたね。人生ですか?(笑)個人的にいうと今は楽しくやってるんで、明日ポコッと逝ってもそんなもんだし、自分の会社がこうなってほしいっていうのも特にないですね。 私は4年に一度くらい休み貰って、一人でぶらぶらっと一か月ほど旅に出るんだけど、いつも行方不明になろうと思って出かけます。

 そうなんですか? それはどうかと思いますけど(笑)

 やっぱり「仕事だけの人生で後悔したくない」とかあるじゃないですか。でも一人になって原点に帰ると、「やっぱり家が恋しい、会社に帰りたい」って思うので、戻ってくる。

 猫ちゃんみたいですね。ちなみに旅ってどちらに行かれたんですか?

 この間はチェコで、その前はボリビア、ペルー、モンゴルとかね。現地の人にお世話になったりしてますね。

 現地の人にお世話になるんですか?

 ビスケットとか持ってったら遊牧民がゲルに泊めてくれるんですよ。にこにこってすると、言葉は通じないんだけど。

 あ、そうなんですか。とてもそんなふうに見えないですけどね。

 星しかない所で一人になると日常がつくづく幸せだと感じますよ。自分が居なくても会社が回ることを社員に感謝する気持にもなりますしね。帰ってきたら優しくなるんでね、社員がまたどっか行ってくださいって気持になるんです。

 それもどうかと思いますがね・・。

社員には「自分で考えろ」「俺の言葉も疑え」

 奥様ってお強いんですか?実は最高権力者だとか?

 強いってわけではないが、まあ確かに家庭においては最高権力者ですかね。ときどき商談してても、「家にゴキブリ出たから早く帰って来て!」とか、「鍵忘れたから持ってこい」とか呼ばれますからね。そのへんでいえば権力ありますけど。

 一緒になって、これからも次の人生も一緒に過ごしていこうと?

 そりゃそうですね。なんとかやっていければいいなと。見捨てられたらしょうがないけど、僕から別れる気はないですね。

 そういう話聞くとホンワカしますね。家庭モノに弱いものですから。でもなんて言うんでしょうね、どちらかっていうと強烈な使命をもって会社を率いていくよりは、きちんと皆の話を聞きながら伸びてくるところに少しずつはっていって、次のチャンスを得るっていうのが企業ポリシーなんですかね?

 まあ正直いっていまだに何が正しいのか分かんないですよ。しょっちゅう言うことも変わるからモットーとかも付けられないんです。だから、社員には「自分で考えろ」「俺の言葉も疑え」って言ってます。どうしても率いていると神格化じゃないですけど、あるじゃないですかそういうの。

 ええ、わかります。

 一度ヤバいなと思ったのが、深夜の会社に私ともう一人社員が居てね。社員が「先に帰りますけどどうします?」って聞くので「俺が閉めてくよ」って言ったんだけど、彼は勘違いして「閉めてって」って聞こえたみたいなの。で、カギ閉めて帰ったの。っていうか、そもそも「閉めたら俺が出れないだろ」って話なんですけど。後日彼に「そんなこと言うわけないだろ、変だとは思わなかった?」って言ったら、「会長なら何とかされると思いまして」って。「俺は壁は抜けられないよ」みたいな(笑)。

 「なんとかされる」って、神格化にもほどがありますね(笑)。

 上司に対してはついつい「イエス」って言いがちになっちゃうと思うんだけど、「それは違う」って言えるようになんないと、公務員みたいになって次の時代に生き残れないと思うんですよ。釈迦もキリストも「こういうふうに生きろ」って言ったわけじゃなくて自分で考えた哲学者だったんだと思うんですよ。それを弟子たちが勝手に神格化していったんだろうけど、本人が本当に伝えたかったのは「自分の頭で考えて生きろ」ってことだと思うんです。それを生前の言葉を借りて「彼はこう言ってましたー!」っていうのは、企業でも宗教でも違うかなって思っていて。あっ、これ問題発言かな? なんか偉そうなこと言ってしまいました。忘れてください(笑)。

差別を理解して受け入れる覚悟があれば

 それでは、会場から質疑応答あれば、ぜひ!

客A いろんな経営者がいると思うんですけど、結果を出してない経営者と自分とはどこが違うと思いますか?

 そんな高飛車なこと言えっていうの(笑)他の経営者と?うーん。でもやっぱり現状があるのはアダルトのおかげだと思いますよ。大手が来ない市場なので戦いやすかった。安定的な収入があるから別のこともできている。市場でいうとブルーオーシャンでもレッドオーシャンでもなくピンクオーシャンという穏やかな竜宮城でやれている。

 ピンクオーシャンって初めて聞きましたよ。(笑)

 美味しいんですよココが!(笑)だから安定のために基本やめる気はないですね。それ以上に他のことをやっていきたいというだけです。

 では、ほかの方、質問は・・。

客B 会長のアダルト感というか・・、悪意はないんですけども、会長のお子様がAV男優もしくは女優になりたいと言われたら、どうしますか?応援しますか?

 別に応援はしないけど、自分で選んだならそれはそれでいいかと思います。私がやってることも世間的にはなかなかやれないことだし、それなりにリスクはある。いろんな目で見られるという差別もある。ただね、僕らみたいなのは自分で選んだ差別でしょ。世の中には国籍とか宗教とか生まれながらに差別を受けてる人はいっぱいいる、そういう人達に比べればまだマシな差別でしょ。それを理解して受け入れる覚悟があるんならいいんじゃないですかね。

 内角高めの質問でしたね。

(完)

第五回 DMM会長が考える、会社の世間体とAV女優の将来
第四回 DMMの海外戦略は野良アプリ、アンドロイド、エロエロ
第三回 エロからエコまで…DMMが手掛けたペニオクでは10億円以上の赤字
第二回 DMMアダルト進出のきっかけは「バック・トゥー・ザ・フューチャー2」
第一回 北朝鮮からFC2まで、DMMにまつわる疑惑の真相とは

※対談全編の音声はこちらからお聞きいただけます。

プロフィール

やまもといちろうのジャーナル放談

ブロガー/個人投資家

やまもといちろう

慶應義塾大学卒業。会社経営の傍ら、作家、ブロガーとしても活躍。著書に『ネット右翼の矛盾 憂国が招く「亡国」』(宝島社新書)など多数。DMMニュースでも連載「やまもといちろうのとっておき時事放談」を執筆中。

公式サイト/やまもといちろうBLOG(ブログ)

プロフィール

DMMグループ会長

亀山敬司

石川県のレンタルビデオ店からアダルト、IT業界の大物まで登り詰めるも、めったに人前に姿を現すことがなく、その正体は謎につつまれている。

「【公開対談】DMMの成功はブルーオーシャンより美味しいピンクオーシャンのおかげ」のページです。デイリーニュースオンラインは、DMMビジネス旅行やまもといちろうイベント社会などの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧