生駒里奈、白石麻衣…乃木坂46“十福神”出演も伸び悩む『花燃ゆ』視聴率にスタッフ困惑 (1/2ページ)

デイリーニュースオンライン

乃木坂46オフィシャルブログより
乃木坂46オフィシャルブログより

 視聴率低迷から抜け出せないNHK大河ドラマ『花燃ゆ』の7月19日放送回に、乃木坂46がゲスト出演した。生駒里奈(19)や白石麻衣(22)など“十福神”と呼ばれる人気メンバー10名が登場したのは第29話。視聴率の起爆剤となるか、期待が寄せられたが、平均視聴率は12.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)だったことが明らかになった。

 女優・井上真央(27)演じる吉田松陰の妹・文(ふみ)が主人公の『花燃ゆ』は、第1話の平均視聴率も16.7%で歴代ワースト3位発進。その後も次々と自己ワースト記録を更新し、最近では1桁台も目立つようになった。

 また5月14日に行われたNHK・籾井勝人会長(72)の定例記者会見では、

「今から(視聴率が)上がるのではないかと期待している」

 と、制作サイドに対してプレッシャーが。視聴率を狙って伊勢谷友介(39)や東出昌大(27)などイケメン俳優を揃えていたほか、第25話にはお笑いコンビ・どぶろっくをゲスト出演させるなど“奇襲”もかけたが、出演回は11.0%と振るわず。そんななかで投入されたのが、乃木坂メンバーたちだった。

●注目記事:夏の正しい脱毛法!スベスベボディで彼を夢中にさせる方法

「場違い感がハンパない」批判殺到

 乃木坂の出演についてはNHKが今月8日に発表しており、彼女達の役どころは新たに“大奥”に召し上げられる奥女中。生駒は、

「大河ドラマに出るという経験をさせていただいたことが本当にうれしい」

 とコメント。白石は、

「カツラをフィッティングしたときにようやく実感が湧いてきました」

 と意気込みを見せていた。

「生駒里奈、白石麻衣…乃木坂46“十福神”出演も伸び悩む『花燃ゆ』視聴率にスタッフ困惑」のページです。デイリーニュースオンラインは、女優テレビ番組芸能ドラマエンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧