瀬戸内海を牛耳った戦国の海賊!村上水軍「謎のルーツと消滅の理由」

日刊大衆

写真はイメージです
写真はイメージです

七年前に出版された長編歴史小説『村上海賊の娘』(和田竜/新潮社)で知名度が上がった「村上水軍」。戦国時代に瀬戸内海の制海権を握った彼らのルーツはどこにあり、なぜ消滅したのか――。  瀬戸内では平安時代、貴族の藤原純友があぶれ者の集団を率いて暴れ回ったが、今回は主に戦国時代、“水軍を率いた武士の集団”を海賊と規定する。  そんな彼らは札浦と呼ばれる“海の関所”を設けて関役や上うわ乗のり料を徴収する一方...

「瀬戸内海を牛耳った戦国の海賊!村上水軍「謎のルーツと消滅の理由」」のページです。デイリーニュースオンラインは、豊臣秀吉織田信長歴史カルチャーなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧