大河ドラマ「青天を衝け」渋沢栄一がパリで出会う栗本鋤雲(くりもとじょうん)って何者?

Japaaan

大河ドラマ「青天を衝け」渋沢栄一がパリで出会う栗本鋤雲(くりもとじょうん)って何者?

「日本実業界の父」渋沢栄一(しぶさわ えいいち)の生涯を描いた大河ドラマ「青天を衝け」。 尊皇攘夷の志に討幕を図る過激派志士から心機一転、後に幕府将軍となる一橋慶喜(ひとつばし よしのぶ。徳川慶喜)に仕えることとなった栄一は、幕府の財政問題を解決するためパリへと渡るのですが、その旅先で栗本鋤雲(くりもと じょうん)と出会います。 栗本鋤雲。Wikipediaより。 さて、この栗本鋤雲とはいったい何者なのでし...

「大河ドラマ「青天を衝け」渋沢栄一がパリで出会う栗本鋤雲(くりもとじょうん)って何者?」のページです。デイリーニュースオンラインは、栗本鋤雲青天を衝け渋沢栄一幕末江戸時代カルチャーなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧