人間が使用する医薬品が自然界に流出し、様々な野生動物に劇的な変化が起きている

カラパイア

人間が使用する医薬品が自然界に流出し、様々な野生動物に劇的な変化が起きている
人間が使用する医薬品が自然界に流出し、様々な野生動物に劇的な変化が起きている

[画像を見る] メタンフェタミン依存症になったブラウントラウト、抗うつ剤で恋を忘れ、交尾をしなくなったムクドリなど、合法・違法を問わず現代の薬物が野生動物への脅威にありつつあるという。 『Nature Sustainability』(2024年6月5日付)に掲載された研究では、環境に流出した人間の医薬品などが、野生生物に想像以上に大きな影響を与えていると警鐘を鳴らしている。 その影響は甚大で、場合によっては生物の個体数が...

「人間が使用する医薬品が自然界に流出し、様々な野生動物に劇的な変化が起きている」のページです。デイリーニュースオンラインは、社会などの最新ニュースを毎日配信しています。
ページの先頭へ戻る