【進撃の巨人】興行収入1位も「続編はやめて」と低評価の嵐 (1/2ページ)

デイリーニュースオンライン

映画『進撃の巨人』公式サイトより
映画『進撃の巨人』公式サイトより

 19日から全国公開された実写映画2部作の後編『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールド』。今週発表された映画興行収入ランキングで1位を記録した。同じく19日に全国公開した『ヒロイン失格』や『アントマン』を抑えての1位だが、「Yahoo! Japan」の映画レビューページでは、評価がすこぶる悪い。

前編で失望? 後編のレビュー件数は6分の1に減少

 今回の「進撃の巨人」後編は、「Yahoo! Japan」の映画レビューページで現在、評価点数が2点台(5点満点)の低評価を記録中。酷評の嵐となった前編同様、相変わらず低評価が多い。

「期待はずれ」
「84分が長く感じる」
「この映画にでてる役者さん全員嫌いになった」
「どこに苦情をいれるか真剣に考えました」
「映画と呼ぶ必要なし」
「絶賛後悔中! 」
「殴りたい」

 と罵詈雑言があふれる一方、「ハリウッドを超える大迫力」「樋口真嗣の先生は天才」「面白かったあ~!」と真逆の高評価も。評価が極端に分かれるカオスな状態に一部ネット上では、「無料チケットが配布され、高評価レビューをお願いされたのでは」というまことしやかな噂まで流れている。

 また23日までに同ページでは、500件以上のレビューが投稿されている。良くも悪くも盛り上がっているように見えるが、3300件以上の投稿数を記録した前編「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN」に比べると物足りない数字。大炎上とはならず、メディアでの扱いも尻すぼみ状態だ。そのためか、「え? もうやってんのかよ」「マジで知らなかった」「素で忘れていた」と公開したことすら知らないネットユーザーもいた。

「【進撃の巨人】興行収入1位も「続編はやめて」と低評価の嵐」のページです。デイリーニュースオンラインは、漫画ネット映画エンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧