西内まりや「ゴリ押し」戦略が空回り…“第二の安室”化計画に批判殺到 (1/2ページ)

デイリーニュースオンライン

西内まりやオフィシャルブログより
西内まりやオフィシャルブログより

 歌手でモデルの西内まりや(24)の「ゴリ押し」が不評だ。

 秋の新ドラマ『エンジェル・ハート』(日本テレビ系)の主題歌「Save me」を担当したり、Kis-My-Ft2・玉森裕太(25)の初主演映画『レインツリーの国』(11月21日公開)でヒロインを務めたりと幅広く活動。だが、事務所のプッシュが強すぎる感が否めず、どこか迷走している状況も相まって「ウザい」などと非難が集まっている。

ドラマ主題歌起用に原作ファンが猛反発

 西内が主題歌を担当する『エンジェル・ハート』は、往年の人気漫画『シティーハンター』の続編を実写化した作品。俳優の上川隆也(50)がシティーハンターこと冴羽リョウを演じ、モデルで女優の三吉彩花(19)がヒロインの「グラス・ハート」こと香瑩(シャンイン)を演じる。

 通常なら人気漫画の実写化は原作ファンから嫌われるのだが、今作に関しては「俳優のイメージがぴったり」「違和感がない」などとキャストが好評。特に三吉は原作者の北条司氏からも太鼓判を押され、ファンからは「北条キャラそのままのルックス」と絶賛されている。

 ところが、西内の主題歌起用が発表されると一転。ネット上では以下のような厳しい意見が数多く上がった。

「せっかく面白そうなのにゴリ押し主題歌でげんなり」
「一時期の剛力彩芽なみのウザさ」
「大したヒット曲もないのに何で出てくるかね」
「西内まりやなんかより、ファンが望んでいるのはTMN」

 もともとモデルとして活動していた西内は、歌手デビューした昨年に日本レコード大賞の新人賞を受賞。だが当初から「ゴリ押し受賞」などと揶揄され、現在に至るまで目立ったヒット曲も生み出せていない。

 また、西内は女優としても活動しているが、大した実績のないまま今夏にドラマ『ホテルコンシェルジュ』で連ドラ初主演に抜擢。しかし視聴率はパッとせず、全話平均7.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と低調に終わった。

 一方、2010年から専属モデルを務めていたファッション誌『Seventeen』(集英社)を今年10月に卒業。活動の軸がモデル業から歌手・女優に急激に移行し、本人も「一番悩んでいる時期」と告白。さらには目標となる歌手の一人としてなぜか「長渕剛」の名前を挙げるなど、迷走ぶりが目立ってきている。

「西内まりや「ゴリ押し」戦略が空回り…“第二の安室”化計画に批判殺到」のページです。デイリーニュースオンラインは、音楽芸能エンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧