「グラブル」運営にユーザー激怒…人気声優「ステマ疑惑」にも飛び火 (1/3ページ)

デイリーニュースオンライン

CM大量出稿で知名度は上がったが(公式HPより)
CM大量出稿で知名度は上がったが(公式HPより)

 人気ソーシャルゲーム『グランブルーファンタジー』(通称グラブル)が大炎上している。ガチャイベントで極端に出現率の低いキャラクターが存在すると騒がれ、それが「有利誤認ではないか」と騒動に。さらに、複数のレアキャラクターを引き当てた人気声優に「ステマ疑惑」が持ち上がるなど波紋が広がっている。

70万円以上使っても出ない「レアキャラ」

 グラブルは2014年のスタートから高い水準の人気を維持し、現在は登録者数700万人を突破。ゲームをプレイしたことはなくとも「グラブってる?」のフレーズで大量に放映されているCMを目にしたことがある人は多いはずだ。

 そのグラブルが炎上したきっかけは、年末年始のガチャイベントに出現した申年限定の新キャラクター「アンチラ」。事前に「期間限定で特定キャラ(アンチラ含む)の出現率アップ」と告知されたが、同じレアリティの他の対象キャラと比べてアンチラの出現率だけが異常に低いとの声が続出した。

 そんな中、ニコニコ生放送でアンチラを引くまでガチャを延々と回し続ける猛者が出現。獲得までにガチャ2276回、合計68万円以上が費やされた。さらに約75万円を費やしてもアンチラを引くことができずに爆死したユーザーも現れ、いよいよ“確率詐欺”との批判が高まった。

 また、同時期に登場した新キャラクター「ベアトリクス」の性能表記が実際の性能と異なっていたことに「優良誤認に該当する」との意見も噴出。さらに問題になったのが「アンチラ」と同じく有料限定キャラの「アニラ」をそろえるとキャラクターの能力が向上する「クロスフェイトエピソード」というクエストが実装される点だ。

こんな記事も読まれています
ページの先頭へ戻る