ベッキーが”芸能界で孤立無援”に?矢口真里のケースより深刻な事態へ (1/2ページ)

デイリーニュースオンライン

Photo by akio.takemoto
Photo by akio.takemoto

阿蘭澄史の「芸能人は因果な商売である」

 年始早々の不倫騒動から、ついに活動休止に追い込まれたタレントのベッキー(31)。当初は不倫相手の「ゲスの極み乙女。」のボーカル・川谷絵音(27)への非難が相次ぎ、ベッキーを擁護する芸能人も少なくはなかった。だが、今となっては孤立無援状態となっている。

「当初、ベッキーは川谷とは“友人関係”であると主張したことで、芸能人や関係者も彼女を擁護するなど“被害者”としてベッキーをかばう声は多かった。騒動直後の芸能界では、川谷を『ゲス野郎』と呼ぶ声の方が大きかったのですが……」(テレビプロデューサー)

■次第に芸能界から消えた”擁護発言”

 擁護派の筆頭が、ベッキーと同じ『サンミュージックプロダクション』に所属するカンニングの竹山隆範(44)だろう。竹山は報道当初の1月9日にTwitterでこう呼びかけていた。

「あいつ本当にいい奴で俺と違って本当に真面目な奴なんで今回だけは許してあげてくんねぇ〜かなぁ〜。お願いします!」

 また、お笑いコンビ・ナインティナインの岡村隆史(45)に至っては、『岡村隆史のオールナイトニッポン』(ニッポン放送)で、「しゃあない。そんな時期、あるんちゃう? うちの妹もバリバリ不倫してたし」と、身内の恥をさらしてまでベッキーを擁護した。

 ところが、この流れは文春の容赦ない続報によって断ち切られることになる。「友達として押し通す」とのやりとりだ。

「謝罪会見との二枚舌が露呈したのは脇が甘すぎるし、内容もあまりに稚拙でした。周囲にかけた迷惑を一切省みず、視聴者を小馬鹿にしてるとも受け取られかねない内容でもはやかばう余地はなくなった」(同前)

 この報道を潮目に、擁護派が多かった芸能界からも、徐々に突き放すような発言が聞かれるようになる。芸人・たむらけんじ(42)は当初、Twitterでベッキーを擁護していたが、続報を受けて、「今回の流出が本物であれば人として駄目」と一転して弱気に。女医でタレントの西川史子(44)も初めは気の毒がっていたものの、1月31日放送の『サンデー・ジャポン』(TBS系)では、「ベッキーってそんな子だったんだ」「私が言ったことは間違ってました」と擁護を撤回している。

「ベッキーが”芸能界で孤立無援”に?矢口真里のケースより深刻な事態へ」のページです。デイリーニュースオンラインは、ベッキー矢口真里不倫騒動ゲスの極み乙女。芸能エンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧