清原に身の潔白を主張させつつ1200時間の追跡取材…フジテレビの報道姿勢に物議 (1/2ページ)

デイリーニュースオンライン

写真は「男道」より
写真は「男道」より

 覚せい剤取締法違反(所持・使用)で逮捕された清原和博容疑者(48)をめぐるテレビ局の報道合戦が異様さを増している。各局が追跡取材映像を流す中、フジテレビは「清原容疑者追跡!1200時間」と銘打ち、覚せい剤所持“疑惑”であった頃から清原を追い続け、撮りだめしてきた映像を自信満々に連日放送している。

 サウナから出てくる清原や友人と食事をする姿など、盗撮ともとれる清原の日常風景に、「あれは注射痕を隠すために長袖を着ている」などのナレーションを添え、清原が逮捕されることを見越しての1200時間の密着映像である。

 この映像にはさすがに呆れる向きも多い。ネット上では、「追跡ってより悪質な盗撮野郎やな」「逮捕されたからいいもののキー局がやっちゃいかんでしょ」と、フジテレビの取材姿勢に批判が集中。というのも、ストーカーまがいの追跡取材をしながら、その一方でフジテレビは清原を番組で起用し続けていたからだ。この醜悪なマッチポンプはどのようにして行われていたのか。

■追跡しながらフジの人気番組に相次いで出演

 そもそも、清原容疑者の薬物疑惑が報じられたのは2014年3月「週刊文春」(文藝春秋)であった。その後、2015年8月に二度目の薬物使用疑惑報道、10月には「逮捕間近」という報道もなされた。にもかかわらず、テレビ局、とくにフジテレビは清原の起用を続けていた。

 昨年は1月16日『スポルト』、8月2日『World Baseball エンタテイメントたまッチ!』、8月28日『ダウンタウンなうSP』にも出演させている。『ダウンタウンなうSP』では、ダウンタウン浜田雅功(52)に、「おまえ、クスリやってるの?」と聞かれ、「風邪薬はやりましたけど」と完全否定していたのは記憶に新しい。

 今年に入ってから清原は逮捕直前の1月24日『ワイドナショー』にも笑顔で出演。他局と比べ起用率の高いフジに、Twitterでは『清原に薬を買う金を与えていたのはフジ』という声もある。

「2014年に亜希夫人と離婚した清原ですが、養育費支払いのため家族で住んでいた広尾の高級マンションを2億3,000万円で売っている。薬物疑惑が出てからは仕事にも窮し、お金にはかなり苦労したようです。昨年4月に『中居正広の金曜日のスマたちへ』(TBS系)でテレビ復帰をし、フジテレビをはじめ他局にも出演するようになった。出演料は一本200万円だったというから、その一部がクスリに化けたのは明白でしょう」(週刊誌記者)

ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧