”AVデビュー前の話題作り”説まで浮上…狩野英孝の新恋人にまつわるウサン臭さ (1/2ページ)

デイリーニュースオンライン

加藤紗里オフィシャルブログより
加藤紗里オフィシャルブログより

阿蘭澄史の「芸能人は因果な商売である」

 お笑い芸人の狩野英孝(33)をめぐり、歌手の川本真琴(42)との三角関係騒動で急速に知名度を上げたのが、自称モデルの加藤紗里(25)なる人物だ。川本真琴が謝罪して狩野英孝の名を出さなくなった後も彼女は怒りが収まらないのか、まったく関係のない方面にも“口撃”する構えを見せている。芸能マスコミが清原の逮捕報道一色だった中で、この一件は加藤の人物像も相まって局地的に盛り上がっている。

■本当にモデル?芸能記者がいぶかしがる疑問の数々

 騒動の発端は1月下旬にまで遡る。Twitter上で彼氏がいることを発表していた川本が、スポーツ紙に「狩野との交際」をスクープされたことだ。ところが、これで戦闘態勢モードに入ったのが加藤だった。「自分こそが狩野の本命」「お互いの事務所公認で交際している」と名乗り挙げたことから、事態は泥沼の様相をみせる。

 2月3日には加藤がInstagram上で、

「狩野英孝さんとお付き合いさせていただいています」
「英孝からは川本真琴さんとゎ昔付き合っていたが半年前くらいからストーカー状態になりつつあると聞きました」

 と暴露し、三角関係が明らかになった。この思わぬ攻撃に怯んだのは川本のほうだ。騒動を受けて、「私の幼稚なツイートによりお騒がせすることになってしまい反省しています」と謝罪。「これからは、音楽の事とみんなが楽しめる事をお届けします」と宣言した後は、狩野や恋愛に関するツイートはしていない。

「問題は加藤の方で、4日放送の生番組には自ら出演し、狩野との交際関係を強調しました。反響はすさまじく、売名行為を指摘する声があがり、その個性的なルックスに“全身整形疑惑”まで浮上した。加藤はSNSを通じて売名も整形も否定していてそれ自体は構わないのですが、その発言があまりに過激でさらなる波紋を呼んでいます」(週刊誌記者)

 加藤は批判コメントを送ってくる者に対し、7日のInstagramで、「私を叩くのはあんたたちの自由だけど私を調教できるとは思わないで欲しいの」と呼び掛けたうえで、「紗里今のところ川本真琴さんに謝るつもり無いから」と唐突に川本の名前を出している。

 さらに、騒動について受けたインタビューの内容について、「答えてることが段々変わってきてる」と言われていることについても、ブログでこう触れている。

「気持ちって日々進化も退化もする」
「紗里は女の子だし、子供なのでしかたなくない?」

 前出の週刊誌記者が語る。

「加藤沙里のブログでは、一緒に仕事をしたらしいアイドルユニットVoicePrettyangelについて『ボイプリ だってw これ、センスの問題があるでしょ』となぜか攻撃的な記述も。毎日、“売名”などと言われてストレスが溜まっているのかもしれませんが、炎上狙いにしては芸がない。コメントに品がなく、まるで一般人レベルの内容で、マスコミ関係者も”芸能人”扱いしていいのか困っています」

「”AVデビュー前の話題作り”説まで浮上…狩野英孝の新恋人にまつわるウサン臭さ」のページです。デイリーニュースオンラインは、炎上お笑い芸人twitter芸能エンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧