三代目JSBの”レコ大1億円買収”を大手マスコミが一切報じないワケ (1/2ページ)

デイリーニュースオンライン

「Unfair World」より
「Unfair World」より

 ベッキー(32)の不倫はこぞって後追い報道したのに……。10月27日発売の『週刊文春』(文藝春秋・11月3日号)が報じたLDHの日本レコード大賞1億円買収報道に関して、新聞・テレビなど大手マスコミがダンマリを決め込んでいる。

■業界の枠を超えて実現した癒着

『週刊文春』は「三代目JSBはレコード大賞を1億円で買った!」と題した記事内で、LDHが芸能事務所のバーニングプロダクションへ支払った1億800万円の請求書を暴露した。事の顛末を洗いざらいつづり、レコ大の不正に関わった関係者や企業名のみならず、同業のメディアの名前も実名で公開している。

 もう一つのポイントは、同賞の審査委員を、多くの新聞記者が務めていることだ。スポーツ紙は『ニッカン』や『スポニチ』、『サンスポ』、『デイリー』、『東スポ』など六紙、ほかに『読売』や『毎日』、『日経』、『産経』、『東京』、『夕刊フジ』などが名を連ねている。(週刊文春・特集記事「三代目JSBはレコード大賞を1億円で買った!」より抜粋)

 記事中で名前の挙がっているバーニングやエイベックス、大手マスコミはそれぞれ反論ナシ。LDHにいたっては23日、HIRO(47)が社長を今年で退任し、新設されるグローバル組織「LDH WORLD」のクリエイティブ・リーダーになることを発表。あたかも、暗に報道が事実であると物語っているようだ。

「『文春』に名指しされたメディアの現場記者の多くはレコ大の“事情”を知らなかったのでは。上の不始末で汚名を着せられているようで、かわいそうではある。だが、事態そのものは大手の芸能事務所・マスコミ・音楽会社が業界の枠を超えて癒着して実現した不正であり、日本の芸能界の暗部を象徴するような出来事。同業者も関わっているので言及するのは心苦しいが、率直に言えば、それぞれの権力を利用した腐敗の極み。『文春』の言うように、音楽ファンを愚弄している」(報道デスク)

注目記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧