レコ大のドンが完全降伏?三代目JSBの”1億円買収”で業界に激震 (1/2ページ)

デイリーニュースオンライン

「HiGH & LOW ORIGINAL BEST ALBUM」より
「HiGH & LOW ORIGINAL BEST ALBUM」より

『週刊文春』(文藝春秋)がスクープしたTBS「日本レコード大賞」の“1億円買収疑惑”の波紋が広がっている。同誌の11月2日発売号でも続報され、同賞の最高責任者である日本作曲家協会会長の叶弦大氏(78)が謝罪するという事態にまで発展。その一方、芸能界を揺るがすほどの事件なのにワイドショーやスポーツ紙では一切触れられないという異常な状況が続いている。

■”レコ大のドン”完全降伏でクロ確定か?

 10月末に同誌は、昨年末の日本レコード大賞において「三代目J Soul Brothers from EXILE TRIBE」に大賞を獲らせるため、所属事務所のLDHとレコード会社のエイベックスが“芸能界のドン”こと周防郁雄社長(75)率いるバーニングプロダクションに審査員への働きかけを依頼していたと報道。その証拠として税込1億800万円の請求書を掲載し、レコード大賞の裏で“買収工作”があったと伝えた。

 同賞の「出来レース」は以前からウワサされていたが、決定的証拠が出てきてしまっただけに衝撃的だ。もし証拠がニセモノなら即座に否定すべきだが、LDH、エイベックス、バーニング、TBSのいずれも完全沈黙を続けている。それでいながらLDHは社長のHIRO(47)の退任を突然発表。世間では「認めたも同然」という見方が大勢を占めている。

 さらに11月2日発売の同誌は“レコ大のドン”と呼ばれる叶氏を直撃。これに叶氏は「このような事態になったことは大変遺憾で、主催者として大変申し訳なく思っています」などと完全降伏で謝罪しており、もはや「クロ」が確定的ともいえる印象だ。

「謝罪の言葉を口にしていますが、どこか他人事のようで『自分のあずかり知らぬところで誰かがやった』と言わんばかり。これほど大規模な買収工作があれば最高責任者が何も知らないわけがないのですが、すでに内部で責任のなすりつけ合いが起きているようです」(芸能関係者)

 これほどの大醜聞なのに後追い報道する大手メディアは皆無。ネットメディア以外では“タブー”と化した不可解な状況となっている。

「レコ大はさまざまな利権が絡んでおり、さらにバーニングやエイベックスが関わっているとなれば大手メディアは自主規制せざるを得ない。もし逆鱗に触れて『出演NG』『取材NG』を突きつけられたら大ダメージですからね。また、同賞は一般紙やスポーツ紙の記者が審査に参加しているため、もし買収が事実となれば自分たちの身にも火の粉がふりかかる」(前出・関係者)

 

「レコ大のドンが完全降伏?三代目JSBの”1億円買収”で業界に激震」のページです。デイリーニュースオンラインは、レコード大賞三代目 J Soul BrothersLDH週刊文春エンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧