【酷評】正直なところ「とんかつは飲み物」は美味しくないし調理は下手だしコスパも悪いし怒りに燃える (1/5ページ)

バズプラス

【酷評】正直なところ「とんかつは飲み物」は美味しくないし調理は下手だしコスパも悪いし怒りに燃える

tonkatsu-nomimono6

とんかつ専門店「とんかつは飲み物」(東京都豊島区池袋2-53-11)が酷いありさまだ。現在は少しずつ改善されつつあるものの、それでもとんかつチェーン「かつや」や「松のや」に遠く及ばない。

・箸でつまんだ時点で衣が崩れ落ちる
オープン当初は、客の心が折れるほど酷いとんかつを提供していた。下ごしらえが適当で、さらに調理スキルが低いので、肉と衣が乖離。包丁でとんかつを切るものの、ボロボロと衣が崩れ落ちていく。崩れたまま皿に盛りつけるのか? それはさすがにまずいと思ったのか、とりあえず皿に乗せてから板前が手作業で衣を肉に乗せて(戻して)いた。いや、それはダメだろう。見た目はそれっぽくても、客が箸でつまんだ時点で衣が崩れ落ちる。

・とんかつとしての質が低い
さらに、とんかつの裏面の衣が、あふれた肉汁の影響でビチョビチョになっている。「肉汁があふれた」と言葉にすれば美味しそうに感じる人もいるかもしれないが、それは大きな間違い。そもそもとんかつの衣は「熱だけ通して肉汁を逃さないためのバリア」であり、豚肉から肉汁が漏れ出て衣に浸透している時点で、とんかつとしての質は低く、すべてが台無し。

「【酷評】正直なところ「とんかつは飲み物」は美味しくないし調理は下手だしコスパも悪いし怒りに燃える」のページです。デイリーニュースオンラインは、とんかつは飲み物カレーは飲み物トンカツカルチャーなどの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧