【プロ野球】マギー(巨人)、ゲレーロ(中日)、ロペス(DeNA)が独占!? 助っ人活躍度診断~セ・リーグ編 (1/3ページ)

デイリーニュースオンライン

助っ人活躍度診断~セ・リーグ編
助っ人活躍度診断~セ・リーグ編

 シーズンも終盤戦。セ・リーグのタイトル争いでは打率でマギー(巨人)、本塁打でゲレーロ(中日)、打点でロペス(DeNA)がトップを走り、助っ人パワーを見せつけている。

 各球団の今季の助っ人事情はどうだったのか? 成績と活躍度をまとめてみた。

※野球の見方が変わるスマホマガジン『野球太郎Pocket』と『週刊野球太郎』でニュースやコラムが読み放題!

■広島の外国人活躍度【A】

■投手
ジョンソン
11試合:6勝3敗/投球回65.1/防御率4.13

ジャクソン
54試合:2勝2敗/26ホールド/1セーブ/投球回56/防御率2.25

ブレイシア
24試合:2勝1敗/2ホールド/1セーブ/投球回28.2/防御率2.51

ヘーゲンズ
11試合:0勝0敗/投球回15/防御率6.60

■野手
エルドレッド
111試合:打率.267/27本塁打/78打点/0盗塁

バティスタ
49試合:打率.216/9本塁打/16打点/0盗塁

ペーニャ
22試合/打率.216/0本塁打/2打点/0盗塁

メヒア
4試合:打率.000/0本塁打/0打点/0盗塁

 エルドレッド、ジャクソンが期待通りの結果を残す一方で、開幕投手のジョンソンが長期離脱し、外国人枠2つを回す時期があった。そのなかでバティスタが9本塁打を放ち、輝きと話題性を見せたが、スタメンをキープできる助っ人は現れず。

 ジョンソンも勝ち星こそ伸ばしているが、コンディション面と安定感で課題を残しており、フル稼働とまではいえない現状だ。

注目記事
「【プロ野球】マギー(巨人)、ゲレーロ(中日)、ロペス(DeNA)が独占!? 助っ人活躍度診断~セ・リーグ編」のページです。デイリーニュースオンラインは、外国人選手DeNA野球太郎プロ野球スポーツなどの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧