浜崎あゆみがツアー規模縮小へ?やればやるほど赤字で周囲から休養勧告も (1/2ページ)

デイリーニュースオンライン

Photo by jagged-eye(写真はイメージです)
Photo by jagged-eye(写真はイメージです)

 現在、デビュー20年目で初となる全国ホールツアー中の浜崎あゆみ(38)。9月16日に徳島県の鳴門市文化会館で開催される予定だった公演を、台風18号の上陸の影響で急遽中止した。

 6日のパシフィコ横浜公演からスタートした今回のツアーは、「より観客に近い場所で」という浜崎の提案から、過去行ってきたドーム・アリーナツアーよりも規模を縮小させ、ホールクラスでのツアーとなっている。同会場の初日公演では、観客をステージに上げるなどのパフォーマンスが展開され、一部の熱狂的なファンは大興奮だったようだ。しかし、この規模縮小の真意は誰の目にも明らかなようだ。

「5月に行われた横浜アリーナでの公演では、かなり空席が目立っていました。さらに一部では、2日間合わせて約2800人もの関係者を無料招待していたとの話もあります。また、クライアントなどの一般企業関係者らにまで『1グループ10人まで入場可能』と書かれた招待メールがばら撒かれていたとも。アリーナの会場を埋めるために様々な策を講じていたようです」(芸能関係者)

 9400円と高額な正規チケットを購入しているファンからしてみれば、なんともしっくりこない話だが、これではファン離れに拍車が掛かりそうだ。さらに規模縮小となった今回のツアーには、浜崎との話し合いがあったとも言われている。

「ただでさえ、演出やセットに高額なお金が掛かる浜崎のライブが、あれだけ空席が目立っていたとなれば、前回のアリーナツアーは大幅な赤字だった可能性は高い。実は9月からのツアーも、浜崎自身はアリーナクラスで行いたかったそうなのですが、どう考えても各会場の客席が埋まらない現状を考慮し、周囲の関係者が浜崎を説得して、ようやく今回のホールツアーに落ち着いたようです」(音楽関係者)

 アーティストの希望通りにやらせたい気持ちもあったかもしれないが、やればやるほど赤字がかさむライブツアーなだけに、規模縮小という折衷案になったようだ。

注目記事
「浜崎あゆみがツアー規模縮小へ?やればやるほど赤字で周囲から休養勧告も」のページです。デイリーニュースオンラインは、浜崎あゆみエンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧