ZOZOTOWN前澤友作社長「プロ野球参入」に立ちはだかるナベツネの壁 (1/2ページ)

日刊大衆

ZOZOTOWN前澤友作社長「プロ野球参入」に立ちはだかるナベツネの壁

 ペナントレースまっただ中の日本プロ野球界が、大きく揺れている。発端は7月17日、大手ファッション通販サイトゾゾタウン『ZOZOTOWN』を運営するスタートトゥデイ社の前澤友作社長(42)が、自身のツイッターで「プロ野球球団を持ちたいです」とつぶやいたことだった。「スタートトゥデイは時価総額約1兆5000億円で、前澤社長の個人資産は3330億円。そんな超大富豪の“プロ野球参入宣言”ですから、どこが買収されるのかと大騒ぎになりました」(スポーツ紙記者)

 前澤氏といえば、会社も自宅も千葉県に構えるほど“千葉愛”が強い人物。16年には千葉マリンスタジアム(当時)の命名権を10年間31億円で落札しており、ターゲットは千葉ロッテマリーンズだと噂された。しかし、千葉ロッテはすぐさま緊急会見を開き、山室晋也球団社長が「売却はありえない。今後についてもない」と完全否定。河合克美オーナー代行も「手放すことはない」と明言した。「ソフトバンクやDeNAが参入できたのは、あくまで売りたい球団があったから。現状、球団買収は難しいでしょう。かつては人気がなく赤字体質だった球団も、営業努力の成果で経営が改善しています。どこも手放したくないはずですよ」(スポーツジャーナリスト)

 ただ、球界参入には、球団買収以外の選択肢もある。前澤氏の発言を受け、実業家の堀江貴文氏は、ツイッターで「16球団化のキーマンを前澤さんに紹介」したことを明らかにした。堀江氏は、さらに球団増設の持論も展開。新球団設立が前澤氏の視野に入っていることをほのめかした。もちろん新球団の設立も、そう簡単な選択肢ではない。「1球団増では効率的に試合ができないので、最低でも2球団、セ・パで4球団増やす必要がある。支配下登録選手は1球団70人ですから、280人ものプロ選手が増える。当然、レベルも人気も落ちるでしょう。

「ZOZOTOWN前澤友作社長「プロ野球参入」に立ちはだかるナベツネの壁」のページです。デイリーニュースオンラインは、ツイッター(twitter)渡邉恒雄セ・リーグパ・リーグSNSスポーツなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧