深田恭子、新恋人のタトゥー問題に「婚前旅行」の秘策 (1/2ページ)

日刊大衆

深田恭子、新恋人のタトゥー問題に「婚前旅行」の秘策

 周囲の反対にあっても“恋するライオン”は止まらない。ゴールインに突き進むカップルのマル秘情報!

 桜前線が一気に北上し、日本中が満開の春を迎えつつある今、より春爛漫な芸能美女が一人いる。女優の深田恭子(36)だ。

 1月に明らかになった新恋人、不動産会社シーラホールディングス会長の杉本宏之氏(41)との恋の行方に注目が集まっているが、「もともとは杉本氏が深田の大ファンだったようですが、現在では深田のほうが彼にメロメロ。一日に、30〜40回もの〈会いたい〉〈大好き〉といったラブラブLINEを送りつけるほどだといいます。1月には、すでに互いの両親への挨拶を済ませているそうで、早ければ夏前の入籍もありえそうです」(芸能記者)

 だが、深田の所属事務所は、この結婚に前向きではないようだ。「これまで何人もの男たちと浮き名を流してきた肉食女優の深田ですが、事務所も結婚相手となると、さすがに慎重になるでしょう。杉本氏には若い頃のヤンチャなエピソードや、さらにはバツ2の過去も報じられており、事務所の看板女優の相手としては賛成しづらいのかもしれません」(テレビ局関係者)

 中でも事務所サイドが問題視しているのは、過去に杉本氏の背中に彫られていたという十字架の“タトゥー”の存在だという。「会社を株式上場する際に手術して消したそうで、現在タトゥーはない。ただ、そうした印象が深田についてしまうことが、事務所にとっては大変好ましくない。かつては清純派女優として大人気だった矢田亜希子が、交際していた押尾学のタトゥーだらけの背中にサンオイルを塗る姿を撮られて、一気にイメージダウン。仕事が激減したという前例が芸能界にはあります。

「深田恭子、新恋人のタトゥー問題に「婚前旅行」の秘策」のページです。デイリーニュースオンラインは、タトゥーかたせ梨乃矢田亜希子深田恭子妊娠女子などの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧