銀行業界「反社データベース共有」構想に早くも黄信号

デイリーニュースオンライン

暴力団排除に向け動き出した
暴力団排除に向け動き出した

全国銀行協会が暴力団など反社会的勢力(反社)との取引を排除するため、加盟行が警察庁の持っている暴力団関連のデータベースに問い合わせができる仕組みを構築するという。全国銀行協会の平野信行会長は1月19日、2016年度からの運用開始をメドに各銀行が預金保険機構を通じて警察庁のデータベースを利用する方針を固めた。反社との取引を排除するためで、住宅ローンやカードローンを新規融資する際、照会して判断するという。...

「銀行業界「反社データベース共有」構想に早くも黄信号」のページです。デイリーニュースオンラインは、地下経済銀行犯罪暴力団裏社会社会などの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧