カトパンも退社へ!? フジテレビ「100億円削減令」で給与減の大粛清 (1/4ページ)

デイリーニュースオンライン

フジテレビHPより
フジテレビHPより

 かつて「テレビの王者」と呼ばれたフジテレビが窮地に追い込まれている。かねてから凋落はささやかれていたが、ついに親会社から「営業費100億円の削減」を宣告されて尻に火が付き、長寿番組の終了など大ナタを断行する。これが体質改善につながればいいが、一部では「終わりの始まり」と揶揄されドン底まで堕ちるとの見方が強まっている。

グループ社長は「営業費100億円削減」を厳命

 先日、小堺一機(59)司会のお昼の長寿番組『ごきげんよう』の終了が発表された。2016年3月末に番組は終わり、同局広報部によると4月からは小堺司会の新番組を予定しているという。これをフジの大ナタの始まりと見る向きが強い。

「終了の最大の原因は年間数億とされる小堺さんの高額ギャラです。同番組はライオンの一社提供ですが、最近は視聴率が苦戦して多額のスポンサー料に見合った内容になっていなかった。新番組は製作費が大幅に抑えられるともっぱら。それどころか、いまだに小堺さんを完全にリストラすべきとの意見があり、新番組そのものの雲行きすら怪しい」(大手広告代理店の社員)

 小堺はフジのお昼の時間帯を支えてきた大功労者。タモリ(70)司会の『笑っていいとも!』を終了させた際にも批判があったが、なりふりかまっていられないのだ。

 フジがこれだけ必死になっているのも当然。10月末にフジ・メディア・ホールディングスが2015年4~9月期決算を発表したが、子会社のフジテレビが営業益で10億円という初の赤字を出していたのだ。グループ全体ではホテル事業や鴨川シ―ワールド運営を手掛ける「グランビスタホテル&リゾート」が好調。遅まきながら始めた不動産事業でもしっかり儲けて黒字だったが、それを収益柱であるはずのフジテレビが吹き飛ばしてしまった。

「カトパンも退社へ!? フジテレビ「100億円削減令」で給与減の大粛清」のページです。デイリーニュースオンラインは、フジテレビテレビ番組芸能エンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧