ソニーPSVRをいち早く体験!気になる“VR酔い”を徹底レビュー (1/3ページ)

デイリーニュースオンライン

話題のPSVRの“VR酔い”を検証
話題のPSVRの“VR酔い”を検証

 10月13日、ソニーからPSVRが発売されました。筆者もVRには並々ならぬ期待を抱いているのですが、気になるのがVRで気分が悪くなる「VR酔い」現象です。そこで今回はPSVRの様々なローンチタイトルを試遊して、VR酔いの実際を確かめてきました。

 なお筆者は、乗り物であれば車、バス、船、新幹線と、なんでも乗り物酔いする虚弱体質なので、VR酔いに関しても概ね人類最弱の部類と考えて頂いて良いかと思います。

■VR酔いの実際を検証

ロンドンハイスト

プレイ時間:15分(ギブアップ)
VR酔い度:★★☆☆

ゲーム内容:「PlayStation(R)VR WORLDS」収録ゲーム。ロンドンギャングの一員となってダイヤを奪ったり、銃撃戦をしたり、カーチェイスをする主観視点のクライムシューティング。主人公の移動はないのでプレイ感覚としては「すごくリアルなガンシューティング」。

VR酔いチェック:対話シーンでは一切問題なし。主人公が移動せず、定位置で銃撃するシーンでも問題はなかったが、次のカーチェイスシーンで酔った。そもそも車に乗ってる感じが非常にリアルなので普通に車酔いしかけたし、最後にボロボロになった主人公の車がゆっくり停止するのだが、この「自分は意図しないのに乗っている乗り物が止まる」感覚がかなりの気持ち悪さを招き、ギブアップ。

オーシャンディセント

プレイ時間:15分
VR酔い度:☆☆☆☆

ゲーム内容:「PlayStation(R)VR WORLDS」収録ゲーム。ダイバーとなってサメ避けのケージに入って深海へと潜り、沈没した原子力潜水艦からのサルベージを試みる。操作要素は一切ないのでゲームというよりもリアルなショートムービーといった趣。サメに襲われる迫力もさることながら、深海生物の美しさに目を惹かれる。

VR酔いチェック:ケージは等速でゆっくりと深海へ降りていき、上がる時も等速でゆっくり上昇する。サメに襲われた時に画面が揺れるが、特に問題はないレベル。エレベーターで酔わない人なら多分問題なし。

デンジャーボール

プレイ時間:15分
VR酔い度:☆☆☆☆

ゲーム内容:「PlayStation(R)VR WORLDS」収録ゲーム。いわば3Dエアホッケー。ゲーセンによくあるエアホッケーに高さの概念が加わった感じのゲーム。ゲーム性はシンプルで分かりやすく十分に面白い。目線でラケットを動かすのだが、実際は首をグングン振りながら遊ぶことになる。

VR酔いチェック:酔わないが、VRならでは、といった映像でもない。ゲームとしては面白いが、新しい時代を感じることはなかった。

「ソニーPSVRをいち早く体験!気になる“VR酔い”を徹底レビュー」のページです。デイリーニュースオンラインは、PSVRソニーやってみたゲーム連載などの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧