ソフトバンク王会長「巨人超え」常勝軍団誕生の手ごたえ (1/3ページ)

日刊大衆

ソフトバンク王会長「巨人超え」常勝軍団誕生の手ごたえ

 10月25日、福岡の街は笑顔であふれた。この日、2年連続日本一に輝いた福岡ソフトバンクホークスの優勝祝賀パレードが行われ、過去最高となる約37万人ものファンが集結。地元の英雄たちに惜しみない声援が送られた。

「今季のソフトバンクは、ペナントレースでは2位。しかしCSでリーグ優勝した西武を撃破し、日本シリーズでも広島を4勝1敗1分と圧倒。ズバ抜けた実力を見せつけました」(スポーツ紙記者)

 ソフトバンクは、2014年からの5年間で、実に日本一4回。もはや“常勝軍団”と言っても過言ではない。球団の立ち上げから、チームを支えている王貞治会長(78)も、その手応えを感じているようだ。

「王さんは夕刊紙のインタビューの中で、“巨人のV9はドラフトがなかった時代。平成になって(前身のダイエー時代も含め)7回も日本一というのは大したこと”とコメント。控えめですが、実質的な“巨人超え”宣言でしょう。V9の主力だった王さん自身の言葉ですから、重みがあります」(スポーツライター)

 これまで日本球界の頂点には、常に「巨人軍」が君臨し、人気・実力ともに他球団をリードし続けてきた。しかし近年、そんな“球界の盟主”の存在感は希薄になってきている。

「成績だけ見れば、森祇晶監督が率いた西武黄金期のように、強い球団はあった。しかし、今のソフトバンクは強いだけじゃない。他の面でも球界を引っ張る存在になっているんです。もはや球界のトップは、巨人ではありません」(前同)

 “球界の盟主”の交代劇――。実は4年前、それを予感させる出来事があった。2014年オフ、韓国プロ野球で防御率、奪三振の投手二冠を獲得した、バンデンハーク(33)の争奪戦が繰り広げられたときのことだ。

「巨人とソフトバンクによる一騎打ちの末、ソフトバンクが獲得に成功。ソフトバンクは、巨人を上回る金額を提示していたんです。

「ソフトバンク王会長「巨人超え」常勝軍団誕生の手ごたえ」のページです。デイリーニュースオンラインは、王貞治長嶋茂雄ソフトバンク巨人プロ野球スポーツなどの最新ニュースを毎日配信しています。
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧