志村けん、千鳥に伝えた真髄、オナラ3種類の訳…笑いに魂を売った男! (1/4ページ)

日刊大衆

志村けん、千鳥に伝えた真髄、オナラ3種類の訳…笑いに魂を売った男!

 3月29日午後11時10分、タレントの志村けんさんが新型コロナウイルスによる肺炎のため、東京都内の病院で亡くなった。70歳だった。

 4月1日に放送された志村さんの追悼番組『志村けんさん追悼特別番組 46年間笑いをありがとう』(フジテレビ系)は平均世帯視聴率が21.9%を記録、4月4日放送の『天才!志村どうぶつ園』(日本テレビ系)の特番「大好きな志村園長SP」は番組最高となる27.3%を記録。志村さんが世代を超えて愛されていたことがあらためて明らかになった。

 バラエティ番組構成作家は話す。

「志村さんは生涯、コントやお笑いを追求してきたことで知られています。あまり表立って真面目なお笑い論を話すことはありませんでしたが、今活躍しているお笑い芸人の多くが志村さんの影響を受けていることは間違いないでしょう」

 日本が誇る笑いの天才はたびたび『週刊大衆』に登場し、おもしろトークやお笑い論を披露してくれていた。

■お客さんの生の反応を知りたい

 志村さんは2006年からライフワークとも言える舞台『志村魂』を続けてきた。

「2016年8月、志村さんは『志村魂』について思いを語っています。もともとは50歳のときには舞台の構想はあったんですが、実際に舞台を始めたのは55歳から。その理由というのが『8時だョ!全員集合』(TBS系)の経験もあったんですが、お客さんの前に立たないと、ウケているかどうか分からないということだそうです。

「志村けん、千鳥に伝えた真髄、オナラ3種類の訳…笑いに魂を売った男!」のページです。デイリーニュースオンラインは、大悟タカアンドトシ片岡鶴太郎ドリフターズ志村けんエンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧