「通算15年目」巨人・原辰徳監督に囁かれる「勇退説」と「裏の野望」 (1/3ページ)

日刊大衆

画像はイメージです
画像はイメージです

 球春到来。去る3月26日、セ・パ同時開幕したプロ野球ペナントレース。コロナ禍により120試合に制限された昨季から一転、今季は例年通り143試合に及ぶ長丁場の戦いとなる。

 虎の超大型ルーキーや古巣に復帰した楽天のエース、日本一奪還に燃える“球界の盟主”巨人……今年も見どころ満載のプロ野球の舞台裏を徹底取材。華やかな試合の水面下で進行中の“爆弾ネタ”を一挙に届けよう。いざ、プレーボール!

「今年の巨人は、さらに強くなりました。DeNAから梶谷隆幸(32)と井納翔一(34)をFAで獲得し、開幕には間に合いませんでしたが、メジャーから助っ人2人を補強。桑田真澄氏を投手チーフコーチ補佐に招聘するなど、積極的にチーム強化に動きましたからね。打線は坂本勇人(32)、丸佳浩(31)、岡本和真(25)の“サカマルオカ”トリオの主軸が安定。投手陣も先発ローテに加え、左右の中継ぎが充実してきました。セ・リーグで巨人が頭一つ抜けているのは、間違いありません」(スポーツ紙デスク)

 豊富な戦力を指揮するのは、監督として通算15年目のシーズンを迎えた原辰徳監督だ。

「オープン戦で使い続けた秋広優人(18)を、開幕直前に、あっさり2軍に落とすところなど、今年も変幻自在の“原采配”は健在。

「「通算15年目」巨人・原辰徳監督に囁かれる「勇退説」と「裏の野望」」のページです。デイリーニュースオンラインは、岡本和真丸佳浩渡邉恒雄原辰徳星野仙一エンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧