滝沢秀明「電撃退社」をジャニーズ専門家が分析!在籍27年「Jr.の歴史を変えた育成」「SnowManへの超絶サポート」タッキーの「原動力」とは? (1/6ページ)

日刊大衆

滝沢秀明氏
滝沢秀明氏

 11月1日、ジャニーズ事務所は10月末で、副社長だった滝沢秀明氏が退職していたことを発表した。滝沢氏はジャニーズ事務所の副社長以外にも、子会社でジャニーズJr.(以下、Jr.)のプロデュースを行うジャニーズアイランドの代表取締役も務めていたが、こちらは9月26日時点で退任していたという。

 ジャニーズアイランドの代表取締役の後任は、元V6井ノ原快彦(46)が芸能活動と並行して社長を務めることが決定している。

 滝沢氏は2018年12月に芸能界を引退し、2019年にジャニーズアイランドの代表取締役に就任。裏方としてジャニーズを支えていた。その後、わずか3年でジャニーズ事務所から去ることになった滝沢氏は、どのような功績を残したのだろうか。

 本サイトは、『ジャニーズは努力が9割』(新潮社)などの著書があり、ジャニーズ評論家として活動する霜田明寛氏に話を聞いた。

 滝沢氏は1995年にジャニーズ事務所に入所し、芸能活動を開始。彼のアイドル時代の大きな功績は、「Jr.という集団の認知度を高めたことですね」と霜田氏は語る。

「滝沢さん以前も、KinkiKidsのようにCDデビュ―前から人気だったタレントもいました。ですが、滝沢さんのJr.時代は、さらにステップアップした人気を得ており、Jr.だけの冠番組『8時だJ』(テレビ朝日系)が生まれ、大きく支持を得たんです。

「滝沢秀明「電撃退社」をジャニーズ専門家が分析!在籍27年「Jr.の歴史を変えた育成」「SnowManへの超絶サポート」タッキーの「原動力」とは?」のページです。デイリーニュースオンラインは、少年忍者美少年HiHiJetsKing&PrinceSixTONESエンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧