日本国旗はなぜ白と紅色?なんと1000色以上もあると言われる「日本の伝統色」 (1/3ページ)

Japaaan

日本国旗はなぜ白と紅色?なんと1000色以上もあると言われる「日本の伝統色」

世界が認める日本の色彩文化

日本の伝統色は1000色以上あると言われ、非常に繊細な色で使い分けられています。

※あわせて読みたい!

現代にも残る日本の「禁色(きんじき)」とは?そしてたった二人だけが袖を通せる、その名も「絶対禁色」

古くから武人たちに愛されてきた日本の伝統色「勝色」とはどのような色なのか?

1色1色に和の温かみを感じられる名前や、人物から取った名前、染め物や焼き物など….
和色カラーチャートを見るとその種類と名前に驚きます。


日本人の色彩感覚は海外でも絶賛されており、それは春夏秋冬で姿を変えるたくさんの
自然や植物、動物、鳥、花、果物を見てきたからこその感覚なのです。

また江戸時代には、幕府が庶民に対して華美や贅沢を禁じる奢侈禁止令(しゃしきんしれい)
を発令しました。

「日本国旗はなぜ白と紅色?なんと1000色以上もあると言われる「日本の伝統色」」のページです。デイリーニュースオンラインは、誕辰和色伝統色雑学カルチャーなどの最新ニュースを毎日配信しています。
ページの先頭へ戻る