【清原薬物報道】舎弟・元木大介が口を閉ざしているワケ (1/2ページ)

デイリーニュースオンライン

アワーソングスクリエイティブ公式サイトより
アワーソングスクリエイティブ公式サイトより

 2月2日に覚せい剤所持の容疑で現行犯逮捕されて以来、連日にわたって世間を騒がせている元プロ野球選手の清原和博。余波は広がり、読売ジャイアンツ(以下、巨人)の関係者やOBの選手らを中心に続々と証言が出ているが、現役時代に清原和博と親密な関係を見せていた元プロ野球選手・元木大介が姿を現さず、野球ファンが首をひねっている。

■子分・元木が親分の騒動に口を閉ざしているワケとは?

 現在タレントとして活躍する元木は、1991年から2005年まで巨人に在籍。1997年に西武ライオンズ(現・埼玉西武ライオンズ)から移籍してきた清原とは約9年にわたって親交を温め、"球界の番長と子分"の関係が各メディアによく取り上げられていた。

 清原は現役時代も薬物を使用していたと言われ、同僚だった元プロ野球選手の野村貴仁が今月9日頃から頻繁にTVやマスコミに顔を出し、清原が巨人在籍時の1998年頃も薬物を使用していたと証言。また別メディアの報道は清原が、「5万人いる球場の打席でバットを構えるのって、どうしようもなく緊張する。空振りしてしまうとお客さんのハァーッていうため息が全部自分に吹かかるようで、緊張と不安で発狂しそうになる(週刊文春2月18日号特集記事「清原和博懺悔告白」より一部抜粋)」と"親しい関係者"に苦しみを打ち明けていた、と記している。

 もし清原が現役時代に薬物を使っていたなら、元木が清原の"禁断の現場"に出くわした可能性は低くない。それだけに元木の発言に多くのマスコミが注目するところが、本人は依然沈黙を守っている。

「自身が立ち上げたラーメン屋が潰れたときには、TV番組に出演してその失敗ぶりをネタにすることに成功しました。しかし今回は一切表に出てきません。清原に気を遣っているのか、またはシャレにならん何かがあるのかもしれません」(報道関係者)

こんな記事も読まれています
ページの先頭へ戻る