吉田豪インタビュー企画:渡辺淳之介「BiSでは高熱が出ようが何しようが絶対に休ませなかった」(2) (1/3ページ)

デイリーニュースオンライン

吉田豪インタビュー企画:渡辺淳之介「BiSでは高熱が出ようが何しようが絶対的に出すようにしてたんです」(2)
吉田豪インタビュー企画:渡辺淳之介「BiSでは高熱が出ようが何しようが絶対的に出すようにしてたんです」(2)

 プロインタビュアー吉田豪が注目の人にガチンコ取材を挑むロングインタビュー企画。アイドルグループBiS、BiSHなどのプロデューサーである渡辺淳之介さんをゲストに迎えた第2回。強烈な話題作りのやり方や、以前在籍した会社で学んだ方法論、アイドルに対するハードなスタンスについて聞きました!

※前回記事:吉田豪インタビュー企画:渡辺淳之介「BiSはスクールカーストの最下層系で一般ピープルの星」(1)

■BiSのこじれる人間関係に巻き込まれた吉田豪

──アイドルは追い込んだほうがおもしろくなるっていうのは、どの段階で気づいたんですか?

渡辺 エクストリームなほうが反応があるとは思ってたんですけど、BiSで初めてPVを撮ったときに、電車のなかで清掃してそのあとデコレーションするっていうのを山手線でやったんですけど。

──パンチラで話題になったPVですね。

渡辺 はい、パンチラで話題になって。そのときにも結構楽しかったのと、映像のなかにそんなものわざわざ入れてはいないんですけど、やっぱりちょっと緊張感があるというか……。

──あれはゲリラ撮影ですよね?

渡辺 ゲリラ撮影で電車が止まっちゃったんですよ、マジで5分ぐらい。

── えっ!? ゲリラ撮影のせいで?

渡辺 点検が入るってことで僕たちは逃げたんですけど、結局捕まって駅員に囲まれて(笑)。それもじつはちゃんと観るとPVに入ってるんです。駅員さんに怒られてるところがちゃんと映ってて、そこからかな。今だったら怖くて絶対もうそんなことやらないですけどね。

──予算をかけずにいろいろ仕掛けて話題を作っていこう、と。

渡辺 はい。結局文字ヅラにあるもの以上に緊張感が作品に表れるというか、やっぱり緊張感のないものってあるんですよね。絶対に伝わらないんですけど、ものすごい寒いところで撮ってるとか、そういうところのほうが人間にくるものがあるっていうか。

──わかります。その気温は伝わらなくても空気感だけは伝わるっていうか。

渡辺 そうなんですよ。そういうところは結構最初から考えてて。たとえば当時、衣装でも誰々を起用とか流行ってたんですけど、有名なデザイナーを使えるわけじゃなかったので、そうじゃないものでなんとかするっていうところでいうと、そっちだったんですよね。とりあえずPVでも脱いで走れとか。

──初期は特にそんな感じでしたよね。本に書いてない話でいうと、ももいろクローバーZのアルタ前イベントにコスプレして行って、ゲリラライブやって叩かれたりとか。

渡辺 そうなんですよ。昔のパンクバンドでいう乗っ取りライブみたいなのもおもしろいかなー、みたいなことで。

──大人の事情とか一切考えないでやっちゃって。

渡辺 そうですね。僕に大人の友達が全然いなかったので、大丈夫かなって。

──そんな流れで渡辺さんがBiSの人間関係をゴチャゴチャにしていくわけじゃないですか。ボクは当時、思いっきりそこに巻き込まれたわけですよ。

渡辺 ハハハハハ! はい、寺嶋とかそうでしたよね。

──由芙さんがあまりにもヤバそうだったんで、挨拶ぐらいしかしたことなかったのに「大丈夫ですか?」って連絡したら、「相談に乗ってください。事務所の許可は得ました」って返事が来て、人生で初めて事務所の許可を得たうえでアイドルと会って相談に乗ることになったっていう。

渡辺 ハハハハハ! そんなのもあったなあ。

──で、ボクが必死にBiSを辞めないように説得するっていう、おかしな展開になって。

渡辺 すみません! でも、おもしろいですよね、助けてくれるのは絶対に事務所のはずなのに、外に助けを求めるんですよ。外の人たちってどっちでも言えるじゃないですか、「もういいよ。辞めちゃえよ」とか「いやいまは残ったほうがいい」とか。だいたい外の人に言ってほしいのは「辞めちゃえよ」だと思うんですよね。でも、そのあとべつにその人が助けてあげるわけでもないって考えると、「辞めちゃえよ」ってすごい投げやりな言葉なんですよ。でも、意外とそっちを受け入れちゃうので、僕もたいへんだなとは思うんですけどね。ホントはつらいなら事務所の人に助けを求めればいいんですけど。

──まあ、事務所の人を信用できなくなっちゃったからこそなんでしょうけど。

渡辺 信用できなくなっちゃったら完全に辞めたほうがいいと思うんですけど。僕は嫌いな人がいたら、なかに入って暴れたいんで。たとえば事務所がどうしてもだめだったら、その事務所で暴れたいんですよ。それで粉々にするとか。

「吉田豪インタビュー企画:渡辺淳之介「BiSでは高熱が出ようが何しようが絶対に休ませなかった」(2)」のページです。デイリーニュースオンラインは、渡辺淳之介吉田豪アイドル連載などの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧