清水富美加の出家とブラック批判、芸能事務所の透明化問題|やまもといちろうコラム (1/4ページ)

デイリーニュースオンライン

写真は「ふみかふみ」より
写真は「ふみかふみ」より

 山本一郎(やまもといちろう)です。バレンタインデーは家内からの愛情詰まったありがたい本命チョコと、いくつか頂戴した恐縮な義理チョコで全日程を終了しました。今年もご協力を戴きありがとうございました。

 ところで、先週来話題になっていた女優・清水富美加(22)の突然の芸能界DISからの「幸福の科学」への“出家”騒動がありまして、ちょうど週頭にテレビに出させていただいたり雑誌のご取材にノンテーマで応える企画があったのですが話はこれ一色でした。というか、日本にとって超重要事項である日米関係を担った安倍晋三首相(62)のドナルド・トランプ大統領(70)訪問とか吹き飛ぶような話になっていて、日本が平和過ぎるだろと思ったりもしたわけですが。

 もちろん話は進行中で、二転三転する情報が乱舞するところではありますが、問題が直撃するテレビ局や芸能界はさすがに清水富美加バッシングに傾きます。「仕事放置して逃走しちゃいかんがな」と坂上忍(49)がテレビで吠えれば、『情報ライブ ミヤネ屋』(読売テレビ)でも井上公造(60)が出てきて芸能事務所側を擁護する発言に終始します。とはいえ、そもそも電通で女性社員が自殺してしまった事件のときには「仕事なんか放り出せ。自分の命の方が大事だ」と公言していた人もいたわけで、いざ自分の身の回りで無茶をやる芸能人を見ると途端に主張が変わってしまうのもむべなるかなと思うわけであります。

 一方、さすがに「幸福の科学」自体はカルト宗教だと指弾されることも多いのもあってか、周辺取材が各媒体で進むようになってくると、一般的な解釈では読み解き方に悩む情報がたくさん乱舞してきます。

レプロ・本間社長守護霊インタビュー

 いきなり出てきたのが、清水富美加の所属する芸能事務所・レプロエンタテインメントの社長、本間憲さんの「守護霊」インタビュー。もうね、タイトル見るだけでお腹いっぱい。凄いことだと思うよ。笑ってはいけないのは、こういう話で人間の人生が簡単に左右されてしまうところです。お金が動いているし、新進女優が広告塔に使われるとなれば、ネタのインパクトよりもそのネタが持つ意味を考えて真顔になるレベルの話です。

注目記事
「清水富美加の出家とブラック批判、芸能事務所の透明化問題|やまもといちろうコラム」のページです。デイリーニュースオンラインは、清水富美加引退幸福の科学宗教やまもといちろう連載などの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧