清原和博も不満? 原辰徳VSアンチ4人衆! 巨人軍「大反乱クーデター」 (1/5ページ)

日刊大衆

写真はイメージです
写真はイメージです

 全権を委ねられた指揮官がついに本格始動。しかし、その独裁ぶりに早くも内紛の動きが――。衝撃の内部事情!

 低迷が続く巨人軍を復活させるべく、白羽の矢が立った原辰徳新監督(60)。今回が3度目の登板となる原監督は、過去に優勝7回、うち日本一3回という巨人史上屈指の名将。立て直しを託すには申し分ない実績を持ち合わせているが、球団はその手腕をさらに引き出すべく、大きなサポートを約束した。「就任会見で、山口寿一オーナー(61)は“チームに関しては原監督にすべて、お任せする”と明言。チーム編成をすべて掌握する“全権監督”が誕生しました」(スポーツ紙デスク)

 確かに、危機的状況をスピーディに改革するためには、全権監督によるトップダウンは効果的だろう。しかし、これが原政権の火種にもなりかねないという。「原監督の独断により、カヤの外に置かれてしまった人たちがいるのも事実。原監督の権限が強すぎるあまり、反発どころか“大反乱”の恐れすら出てきてしまっているんです」(前同)

 その兆しが見えたのは、10月23日に発表された来季のコーチングスタッフ。コーチ経験のない人材が多く登用された一方、高橋由伸前監督(43)時代から続投したメンバーのほとんどが、かつての原政権でコーチを務めた“原一派”ばかりなのだ。「“助さん格さん”といわれた村田真一(54)、斎藤雅樹(53)両コーチこそ辞任しましたが、吉村禎章(55)、木村龍治(48)など、原政権おなじみの面々は続投。しかも昨年退団したばかりの後藤孝志( 49)、秦真司(56)まで入閣している。2人がたった1年で復帰できたのは“原一派”だからこそでしょう」(スポーツ紙ベテラン記者)

 これまでの原政権でも、たびたび批判されてきた“お友達内閣”は、今回も健在だったのだ。

「清原和博も不満? 原辰徳VSアンチ4人衆! 巨人軍「大反乱クーデター」」のページです。デイリーニュースオンラインは、高橋由伸原辰徳喧嘩長嶋茂雄巨人エンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧