島田紳助・松本人志が「加藤の乱」鎮圧へ (1/3ページ)

週刊実話

島田紳助・松本人志が「加藤の乱」鎮圧へ

 「『雨上がり決死隊』宮迫博之(49)や『ロンドンブーツ1号2号』の田村亮(47)の処分撤回問題、さらに宮迫に至っては処分撤回の撤回示唆で吉本社内は混乱が続いています」(事情通)

 闇営業問題に端を発した岡本昭彦社長(52)の宮迫らへのパワハラ発言で、“狂犬”加藤浩次(50)が「執行部を刷新しなければ、吉本を辞める」と現経営陣に噛みついたのが7月22日放送の『スッキリ』(日本テレビ系)内。同日、集中砲火を浴びた岡本社長の謝罪会見後には、大﨑洋会長(66)自ら事態収拾に向けて動いた。

 「動きは機敏でした。当初、加藤に追従する動きを見せていた芸人らの取りまとめを『松本人志(55)に託す』と、加藤に電話し直ぐに東京本部に呼び出したんです」(吉本関係者)

 23日、東京本部で行われた話し合いは3時間近くに及んだ。吉本退社を宣言していた加藤は一転、「僕もああいう発言をして、いろんな方としゃべらせていただいて、これからいろいろ決まっていくのかな。僕もいま冷静に、あのときは熱くなった部分もあるから。〜略〜どういう風に和解という形になるのか分かりませんけど、時間をかけて話をしようと思っています」とトーンダウンした。

 「恐らく岡本社長以上の恫喝に近い説得劇が繰り広げられたのではないでしょうか。加藤も憑き物が落ちたような顔になっていたのが印象的だった」(放送作家)

 一見すると、現吉本執行部によって鎮圧されたかに見えた『加藤の乱』だが、加藤をよく知る『スッキリ』の番組スタッフは「あれは死んだふり。これからが本番だ」と断言する。現状は「嵐の前の静けさにすぎない」(同)というのだ。

 「大﨑会長や岡本社長らに対する加藤の恨みは、この十数年の間にオリのように時間を掛けて溜まったものです。数時間の話し合いで消えるようなものではない。しかも、加藤は現執行部を批判した。このままで済むとは思っていない。ほとぼりが冷めたら干されることは百も承知なんです。仕掛けてしまった以上、もう後には引けないというのが加藤が下した決断です」(同)

 そもそも、宮迫や亮らが行った闇営業問題に対し、なぜ加藤は芸人生命を賭してまで経営陣に反旗を翻したのか。

「島田紳助・松本人志が「加藤の乱」鎮圧へ」のページです。デイリーニュースオンラインは、エンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧